月に数万〜数十万のアフィリ報酬がある人が更に上を目指すための秘訣を公開しています!実体験に基づくものです。なかなかスーパーになれない貴方はご参考ください(^_^)v下のボタンをクリックすると確認できます↓↓

button_001.jpg

⇒⇒月に10万未満の人はこちら


2005年11月08日

トラックバックのマナー

このブログ良いよねって人は1日1回ポチっ!!(^_^)v

アフィリエイト ブログランキングへ

皆さん、トラックバックは活用されていますか?


ブログの特権とも言うべき、トラックバック。


できるだけ多くのブログとトラックバックすることは、自分のブログへの入り口を作ることになります。


ぜひ、フル活用するべきです。


しかし、トラックバックについては細心の注意を払うべきです。


というのも、トラックバックという機能は、ある意味「強制的な行為」であるからです。


トラックバックをすることは、こちらへの入り口(リンク)を張ることです。


トラックバックを張られたブログには、そのブログへの入り口は作られません。


つまり、片側通行の道を作る行為だからです。


このことを理解していないと、大変失礼な行為にもなりかねません。


そこで、今回は最低限のマナーを紹介したいと思います。


トラックバックについては、人それぞれの感じ方があります。


ですので、一概にこれが正しいとは言えません。


このことを加味した上で、参考にしていただければと思います。


まず、トラックバックを張る記事は、自分の記事と関連性のあるものにすること。


このことは、最低条件です。


最悪、これだけは守ってください。


全く関係の無い記事をトラックバックされては、間違いなくスパム行為だと判断されます。


即刻削除されるでしょう。


次に、先ほどトラックバックは「片側通行の道を作る行為」だと書きました。


これを防ぐために、両側通行にします。


つまり、自分の記事にトラックバック先のリンクを張るのです。


これをすれば、こちらから相手への入り口も作られます。


ここまですれば、おそらく削除されることは無いでしょう。


さらに、このトラックバックを機会に、管理人とコミュニケーションをとることもできます。


トラックバックを張ったら、一言コメントを入れるなどの行為は、管理人からすれば非常に丁寧な行為だと受け止められるでしょう。


ネットの世界も信用が大切です。


マメにお礼のコメントを入れることができる人は信用されます。


そのことが、ブログに人が集まるきっかけになると思います。


結論として、トラックバックを打つ際は最低限、関連記事であること。


余裕があれば、リンク&コメントも入れる。


これが僕のトラックバックに対しての見解です。


【ブログ運営のマナーの最新記事】
posted by アフィリ100 at 14:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ運営のマナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメントはお気軽にどうぞ〜(^_^)v
こんにちは^^
ブログ初心者のころはTBを記事に関係が少しでもあればしてもいいんだ、と勘違いしていたことがあります。
やはり、自分のブログや記事が紹介されているときにTBしていただくのがベストですよね☆
自分の記事に関係ない、宣伝としか思えないTBが来たときは、削除していいものか、悩んでしまいます。
Posted by ar_i2 at 2005年11月09日 09:19
>ar_i2さん
コメントありがとうございます★
僕は記事に関係の無いTBは削除してます!!!
最近特に増えました。困ったものです(汗)
Posted by 野侍 at 2005年11月09日 09:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9102244

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。